はじめての期間工 期間工の基本情報

期間工赴任時の持ち物はなにがいるの?必須なモノを紹介します【必要最低限でOK】

期間工赴任時の持ち物はなにがいるの?必須なモノを紹介します【必要最低限でOK】

期間工の赴任時は何を持っていけばいいの?なるべく不便なく快適な寮生活を送りたいんだけど…。

上記の疑問にお答えします。

期間工を始める際、大半の場合は用意された寮に入ることになります。普通の引っ越しとはわけが違い、持っていけるものはスーツケース1個分程度の持ち物だけです。そのため、

  • 期間工の赴任時に必要な持ち物は?
  • 何を持っていけばいい?

など、赴任時の持ち物には悩みがち。特に「期間工の寮」という特殊な環境下では、どんなものが必要になるのかは先に知っておきたいですよね。

そこで、この記事では元期間工の僕が、期間工の赴任時の持ち物や、持ち物を選ぶ際のポイントなどについて紹介します。記事を読めば準備万端な状態で赴任できるので、ぜひご一読ください!

期間工の赴任時の持ち物は「不便な思いをせずに済む」ものだけでいい

期間工の赴任時の持ち物は「不便な思いをせずに済む」ものだけでいい

結論、期間工として赴任する際の持ち物は、生活必需品など、自分が「これがあれば不便な思いをしなくて済む」と思うものだけ持っていけばOKです。

一般的な期間工の寮であれば、冷蔵庫や電子レンジなどの必要最低限の家電は取り揃えられていますし、仕事で使う軍手などは会社で用意しているので、「この持ち物がないと仕事や生活ができない」といったことはありません。

必要最低限の持ち物だけ用意しておけば、普通に仕事も生活もできます。

「あれもこれも」と持っていきたい気持ちは分かりますが、そもそも、生活必需品だけでも結構な量になるはずです。

ですから、テーブルやゲーム機など「生活を快適にするアイテム」は現地で買うようにし、赴任時の持ち物は、生活必需品などの「これがあれば不便な思いはしなくて済むだろう」と思うものだけを持っていくのがおすすめですよ。

持ち物が多いと後悔する可能性もある

持ち物が多いと人によっては後悔することもあります。よくあるのが以下の2パターンです。

  • 赴任したけどすぐ辞めたくなった
  • 入社時の健康診断に引っかかって返されることになった

赴任先の寮で快適な生活を送るために多くの持ち物を持っていっても、いざ働いてみると「やっぱ無理…辞めたい」と思う可能性もありますよね。

また、期間工によっては入社時に健康診断をおこなっており、健康上の問題が発覚すると「ここでは働けないので帰ってください」となる場合があります。たとえば、「いすゞ」なんかは入社時に健康診断をおこなっており、問題があればそのまま返されます。

このようなときに多くの荷物があると、帰るのが大変になるだけです。万が一のことを考えると、荷物は最低限に留めておくべきだといえるでしょう。

期間工の赴任時に最低限持っていくべき持ち物9選

期間工の赴任時に最低限持っていくべき持ち物9選

期間工の赴任時は、自分が「これがあれば不便な思いはしなくて済む」というものだけ持っていけばOKですが、具体的な持ち物の指標は欲しいですよね。

そこで、ここからは数年の期間工生活を経験した僕が、「これはあったほうがいい」と思う持ち物を紹介します。

期間工の赴任時に最低限持っていくべき持ち物

  • スリッパやクロックス
  • 汚れてもいい服・休日を過ごす用の服などの衣料
  • アメニティグッズ
  • ハンガー
  • 入社時に必要な書類・クリアファイル
  • ノートパソコンやスマホ
  • 電源の延長コード
  • ポケットwifi

スリッパやクロックス

寮が集合寮タイプの場合は、寮の中を移動するためのスリッパが必要になります。

事前に案内はあるかと思いますが、忘れずに用意しておきましょう。

ちなみに、ワンルームタイプの寮なら不要です。ただ、一足あると便利なので、持ち物に余裕があるときは持っていくのがおすすめです。

汚れてもいい服・休日を過ごす用の服などの衣料

期間工として赴任する際は、仕事で着る服や部屋着など、下記の衣料を持っていきましょう。

  • 作業着の下に着るインナー(TシャツでOK、会社によっては半袖NGなので注意)
  • 部屋着(かさばるので数着でOK)
  • 靴下やベルト(ベルトは支給される場合もあり)

仕事をする際は作業着を支給されるのですが、その下に着るインナーが必要です。結構汚れるので、汚れても問題ない服を選ぶのがおすすめ。

また、服は結構かさばるので、部屋着はひとまず数着だけ持っていきましょう。物足りないときは現地で買えば問題ありません。

ちなみに、作業着の下に着るインナーは平日分の5着が理想ですが、これもかさばります。

余裕があれば5着持っていってもいいですが、余裕がないときは始めのうちだけこまめに洗濯して間に合わせつつ、休日などに現地で調達してもいいでしょう。

アメニティグッズ

残念ながら、寮にアメニティグッズはありません。ドライヤーや歯ブラシなど、最低限以下の持ち物は用意しておくのがおすすめです。

  • ドライヤー
  • 歯ブラシ
  • 髭剃り
  • フェイスタオルやバスタオル
  • 小さいシャンプーやボディーソープ(現地で買ってもOK)

ちなみに、フェイスタオルは仕事中に汗を拭くときにも使えるので、数枚あると安心です。

雨の日の必須アイテム。出退勤時など外に出るときしか使わないので、折り畳み傘がひとつあればOKです。

ただ、傘をよく無くす人は2本あってもいいかもしれません。

ハンガー

寮によっては最初からハンガーがある場合が大半ですが、あっても3本程度しかないので足りません。そもそも、ハンガーがない可能性もあります。

そのため、7〜10個ほど持っておくと安心です。僕は10個のハンガーがセットになっている商品を買ってからいきました。

また、洗濯物干しも欲しくなるところですが、あれはかなりかさばるので最初から持っていくのはおすすめしません。最初はハンガーだけで凌ぎつつ、時間があるときに現地で買えばOKです。

入社時に必要な書類・クリアファイル

これは、「あったほうがいい」というよりは、「ないとまずい」です。会社から事前に必要な書類は案内されますが、忘れないように注意してください。たとえば、以下のような書類ですね。

  • 会社から貰った入社書類
  • 誓約書
  • 印鑑
  • 筆記用具
  • 通帳・キャッシュカード
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者証など

具体的な書類は会社によっても異なるので、確認しておきましょう。

また、研修時にはたくさん書類が配られるので、書類をまとめるクリアファイルがあると便利です。

ノートパソコンやスマホ

ノートパソコンやスマホ、タブレットなどの電子機器を持っている人は、なるべく持っていきましょう。

赴任先に友達がいる人は別ですが、期間工を始めてからしばらくは寮の中にいてもやることがありません。

動画を観たり、ゲームをしたり、調べ物をしたりなど、電子機器があれば退屈せずに生活を送れますよ。

電源の延長コード

寮はコンセントを挿せる箇所が少なめです。そのため、「充電しながら横になってスマホいじりたいのに、コンセント挿せる場所遠くて届かない…」といったことになりがち。

こんなときに、電源の延長コードがあると便利です。1つでいいので持っていきましょう。

ポケットwifi

アパートやマンションのなかには無料で利用できるインターネット回線があるケースもありますが、一般的な期間工の寮には用意されていません。

そのため、ネットをよく使う方はポケットwifiやルーターを持っていきましょう。

なお、一応自分で回線を引くことも可能ですが、最終的には引っ越すことになるので、その際の手続きが面倒です。それなら、自分で運べるポケットwifiやルーターを持っておくほうが便利ですよね。

ちなみに、おすすめのポケットwifi・ルーターは以下の2つ。

回線の種類月額料金
SoftBank Air 950円(通常4,500円)
クラウドWiFi 3,500円

僕はSoftBank Airを使っていますが、動画は遅延なく視聴できますし、月額料金も安いのでおすすめです。

ただし、月額950円で利用できるのは、上記のサイトからの申し込みに限定される点に注意してください。直接の申し込みだと通常の月額4,500円になります。

期間工の寮生活であると快適なもの【入寮したあとでOK】

期間工の寮生活であると快適なもの【入寮したあとでOK】

期間工の赴任時の持ち物は上記で紹介したものだけで大丈夫ですが、不便ではないものの「快適」ではありません。

赴任してからは持ち物を選ぶ必要もなくなるので、自分にとって「これがあると快適」といったものを寮の近くのお店やネットで買いましょう。個人的には、以下の6つがあればそれなりに快適かな、と思います。

  • テーブル
  • 座椅子
  • 掃除機
  • 水筒
  • 靴の中敷
  • ゲーム機など

なお、上記はあくまで僕の場合です。「これがあると快適」と感じるアイテムは人それぞれ異なるので、自分に合ったものを買ってくださいね。

ただし、寮によっては持ち込めないものもあるので注意。特に炊飯器や大きなベッドなどは持ち込み禁止にされている場合が多いので、事前に確認しておきましょう。

派遣経由の期間工なら割となんでも持ち込める可能性あり

「快適な生活を送るためにはこれが必要!でも寮に持ち込めない…」という方は、派遣会社経由で期間工を始めるのがおすすめです。

というのも、派遣経由なら派遣会社が独自に借りているワンルームマンションに住める可能性があるんですよね。その場合は、普通の一人暮らしと変わらないので、派遣会社によってはある程度のものなら持ち込むことが可能です。

ちなみに、僕が派遣会社経由で期間工を始めたときは、派遣会社が借りたワンルームマンションに住んでいました。こんな部屋↓に住んでいたのですが、

期間工の寮の部屋

布団ペラペラだし、テレビ小さすぎて無理!棚も欲しい!1年〜2年は働くつもりだし快適な部屋に住みたい!」と思い、自分でベッドや棚を持ち込んでいいか派遣会社の担当の人に聞きました。

すると、「全然いいですよ〜」とのことだったので、最終的にこんな部屋に。

写真にはありませんが、座椅子と32型のテレビ、炊飯器もあります。カーテン以外は入寮後に全部自分で買ったものです。

自分でいうのもアレですが、寮の割にはかなりいい生活を送ってたと思います。退職するときに荷物の処理がだるかったですが、2年ほど快適な暮らしができたことを考えると全然我慢できました。

持ち込みが可能かどうかは派遣会社が用意した寮や担当者のさじ加減でも異なりますが、ある程度好きに暮らせる可能性は高いです。上記のような暮らしは、普通の期間工の集合寮などでは難しいでしょう。

そのため、「長期間期間工をやるので、生活環境にはこだわりたい!」という方は、派遣会社経由での期間工がおすすめです。

ただし、運もある&退職するときの荷物の処理がちょっと大変なので、そこは理解したうえで始めてくださいね。

派遣会社の求人情報はこちら

期間工の赴任時の持ち物を選ぶポイント

期間工の赴任時の持ち物を選ぶポイント

ここまで「赴任時の最低限の持ち物」を紹介しましたが、人によっては「これも持っていきたい!でも荷物の量的に厳しいから悩むな…」ということもあるかと思います。

そんなときは、持ち物を「これがあれば不便な思いはしなくて済むだろう」という必須アイテムと、「自分が快適に生活するため」の快適アイテムで分けてみてください。そうすることで、荷物がスッキリします。

イメージとしてはこんな感じです。

必須アイテム快適アイテム
・服などの衣料品
・ドライヤーなどのアメニティ
・タブレットやスマホなど
・漫画やゲーム
・ふかふかの枕
・テーブルなど

このうち、赴任時に持っていくものは「必須アイテム」に分類される持ち物だけでOK。

「快適アイテム」までは荷物の量的に全部持っていくのは厳しいので、なるべく現地で買うようにしましょう。

このように、「必須アイテム」と「快適アイテム」を分ければ、少ない荷物で赴任できます。持ち物選びに迷ったときは、参考にしてみてください。

持っていけない荷物は郵送できる

会社によりますが、持っていけない荷物はあとで郵送することもできます。

郵送した荷物は、赴任する前でも寮の管理人が預かっていてくれるので安心です。1人暮らしで、「どうしても赴任前に荷物を処理できない…」という場合は、郵送できないか聞いてみてもいいかもしれません。

ただし、基本的に送料は自己負担です。また、帰るときの負担が大きくなることは覚悟しておきましょう。

期間工赴任時の荷物は最低限に留めて徐々に快適な生活を目指そう

期間工赴任時の荷物は最低限に留めて徐々に快適な生活を目指そう

赴任時の持ち物に迷っている方の大半は、「できれば不便な思いをせずに快適に生活したい」と思っている方も多いはず。

しかし、「快適な暮らし」を実現するために必要な荷物は、スーツケース1個分程度の荷物に留まるでしょうか?

ベッドやテレビ、整理棚や掃除機、ゲーム機など、「快適な暮らし」を実現するために必要な荷物は人それぞれ異なりますが、生活必需品なども合わせると全部を持っていくのはまず無理です。

ですから、まずは必要最低限のものだけを持っていき、徐々にものを集めて快適な生活を目指しましょう。

なお、「持ち物は分かった!でも肝心の寮はどんな場所なの?」という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事
期間工の寮はやばい場所って本当?リアルな生活環境や快適な部屋に住む方法を紹介
期間工の寮はやばい場所って本当?リアルな生活環境や快適な部屋に住む方法を紹介

期間工の寮ってやばい?期間工始めてみたいんだけど、寮の環境とか悪そうなイメージあるし心配…。 上記の疑問にお答えします。 期間工として働くと、働いている間は用意された寮に住むことになります。快適な寮で ...

続きを見る

-はじめての期間工, 期間工の基本情報

© 2021 期間工のコンパス